ウォーターサーバーはリースで使うのが一般的

  • ウォーターサーバーでチェックするべき費用のこと

    • ウォーターサーバーは無料で使えるようなものではありませんから、契約の前にまず費用面についてチェックをしておくことが必要です。



      ではウォーターサーバーを利用する際にはどういった費用がかかるのかというと、まず必ずかかるのが毎月の水の代金です。



      ボトル一本あたりの金額は業者によって異なりますが、特に注意が必要なのはボトルの購入量にノルマが設定されていることがあるという点です。

      尤も毎日コンスタントに水を飲むのであればノルマが達成できずに悩むということは早々ないのですが、それでもノルマがあるかどうかを知っておかないと毎月買うボトルの量のイメージがしづらくなりますから、しっかりチェックするようにしてください。

      産経ニュース情報に対応した情報サイトです。

      次に費用としてチェックしなくてはならないのがウォーターサーバー本体の代金です。


      この代金は無料であることも多いですが、業者によっては月500〜1000円ほどの支払いが求められることもあります。
      これは水を飲むかどうかに関係なく発生する代金ですから、なるべく安く設定されているところを優先的に選ぶと良いでしょう。

      そして最後にチェックが必要なのがメンテナンス代です。
      ここは案外見落とされることが多いのですが、業者によっては年間3000〜5000円ほどのメンテナンス料が請求されることがあります。


      またメンテナンス料が請求されない場合には機械のメンテナンスを契約者自身が行わなくてはならないこともありますので、メンテナンスのことについてはしっかり確認してください。基本的にウォーターサーバーの利用に際して発生する費用としてはこういったことが挙げられます。
      もし判断が出来ない場合には契約の前に業者に相談し、パンフレットなどを送ってもらってから決断を出すようにしましょう。