ウォーターサーバーはリースで使うのが一般的

  • ウォーターサーバーを利用するメリット

    • 震災の際の非常用、水道水が臭くて飲めないなど理由は様々ですが、最近ではウォーターサーバーを家や会社に設置するところが増えています。



      テレビやウェブなど多くのメディアでも広告が出ていて、目にする人も多いのですが、設置に迷っている人も少なくありません。そこで、ウォーターサーバーを設置したらどんなメリットがあるか考えてみます。


      まず、ウォーターサーバー自体は機能的な差はあまりありませんが、サイズによって設置できる場所が変わってきます。
      一般的なのは1.5mほどの高さがありますが、卓上でも利用できるような小型、冷蔵庫などの隙間に入る省スペース型などが用意されています。



      本体だけでなく販売されているボトルには、メーカーによってそれぞれ特徴的な水を取り扱っています。

      livedoorニュース情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

      軟水や硬水などはもちろんのこと、ミネラルウォーターといった天然水、最近良く耳にすることの多い水素水もあります。含まれるミネラル分や口当たりなど、水道水では決して選ぶことの出来ない水を自由に選択できるのがメリットとなります。
      また、ウォーターサーバー本体には冷水と温水を使い分けて出す機能があるので、夏場に冷たい水を飲み、冬場に温かいものを飲むといった使い分けができます。

      天然水などをボトルで購入すると、置き場所に困ることもありますが、ウォーターサーバーを設置して置けば、使用時だけボトルを購入すれば良いので、冷蔵庫などの保管場所に困るということはありません。
      震災時にライフラインが止まっても、ストック分を水道水の代わりに利用できるというのもメリットのひとつです。